山のリズムと自分と道具。


by rhythmofmountain

Mt.Rokko Outdoor Session 2017.

f0345976_15494280.jpg

4/23(日)、朝の8時前に現地に到着。前泊組にご挨拶したらマイブースの準備をザッと済ませます。
僕は前日までにじわじわとプライス決めたり値札貼ったりすんのが楽しい派なんで、現場では並べたら完了。他のブースの準備眺めて楽しみます。

f0345976_15494362.jpg

オープンちょっと前に朝礼(笑) 緩やかにテンションが上がっていきますね。

f0345976_15494341.jpg

ピースカフェで珈琲淹れてもらったらもう完全に準備完了で10:00ジャスト。

f0345976_15494469.jpg

f0345976_15494586.jpg

f0345976_15494525.jpg

オープンから大盛況で人・ヒト・ひと。フリーマーケットブースも、振り返って各ショップ、メーカー、イベントブースもいっぱい。フードブースもあっという間に行列ができてました。
明らかに去年よりも多くの人が来場しているのが一目でわかる盛況ぶりで、このイベントの注目度も年を追うごとに高まっているんだなあ、と感激。
来場のお客さんの多様化も進んでいるようで、それぞれが様々な形で六甲山という山を楽しんでいることが会話の端々から伝わってきました。
ウチのブースにもホントに色んなお客さんに寄っていただいて、山行の話とかレースやシューズの話なんかできて非常に楽しかったです。皆んなゴールデンウィークは色んなとこ行くんだなあ。僕はお仕事ですが(笑)
16:00クローズまで沢山お買い物していただいて誠にありがとうございます!

f0345976_16144273.jpg

f0345976_16144338.jpg

f0345976_16144392.jpg

Mountain Culture Club Rokko のシルクスクリーン&ステッカー販売ブースも大盛況でホントありがとうございます。純利益から10%を白馬堂さまに寄付させていただいて、今後の六甲山に役立ててもらいます。

自身のモノの数も皆さんのおかげさまでかなり減ってきました。最近になってやっとこさ足るを知りつつある(笑)僕のクローゼットからは、来年のMROSフリーマーケットに出品できるモノがその時に有るか定かではありません。(いや、でもまだたぶんあるかな)(でも、だいぶすくなくなるとおもってるんだけどな)
が、今回なかなかイベントのお手伝いができませんでしたので、次回は少しでもお力になれたらなあと考えています。まあ、自分のペースでね。

f0345976_18435617.jpg

何はともあれ、ご来場の皆さん、運営サイドの皆さん、今年も楽しませていただきました!ありがとうございます!
また山でお会いしましょう☺︎

f0345976_18435752.jpg

Special Thanks.
サコちゃん、フリーマーケットのフォローや中華料理真へのアテンド、ホントにありがとう。


Mt.Rokko Thanks!



[PR]
# by rhythmofmountain | 2017-04-24 18:49 | lifestyle | Comments(0)
f0345976_11592979.jpg

来たる4/23(日)はMt.Rokko Outdoor Session!
ということで、今年もフリーマーケットブースに出店させていただきます。
今回もトレイルランニング、ライトウェイトハイキング、ライフスタイルにまだまだガンガン使えるアイテム達を50点ほど、大きなカバンに詰め込んで現地へ向かいます。

f0345976_08520261.jpg

ALTRAは全てUS8(26cm)、salomon/sensepro2はUS7(25cm)、salomonslabのリカバリーモックとinov8/x-taron212がUS7.5(25.5cm)。
いろんなシューズを履いてきて感じることは、諸説あるにせよ、サイズ表記はホントに目安。面積ではなくて容積で足にストレスなくピタッとくるかは自分の場合は簡単な出会いではありません。
んで、あとは山で履いてバッチリかどうかはホント山で履いてみないとわからない(笑)
ってことなんで是非今回のフリーマーケットを有効活用してもらって色んなシューズを試してみてください(笑)
放出のシューズ達はモノが悪いんじゃなくて、自分とシューズの相性が合わなかっただけ。激MINT状態の早いもん勝ちです。

f0345976_09042773.jpg

f0345976_09042882.jpg

f0345976_09042845.jpg

f0345976_09042925.jpg

あとはキャップ、ヘッドバンド、アームカバーやグローブ、ウォーターボトル、スタッフサックなどのアクセサリー類、持って行きます。
ウェアも少々あります。あ、今回はHOUDINIもそこそこ放出します。HOUDINIラヴァーズは是非。
salomonslabパックはユニセックスで自分のはサイズ小さめなんで、女性の方にも合うかもしれませんね。

ひとまず準備中の現在はこんなもんです☺︎
また当日までに増えたり減ったりするかもですが。

今回のMt.Rokko Outdoor Sessionでは午後からのMountainCultureClubRokkoのイベントのお手伝いでフリーマーケットブースにいないことがあるかもしれません。
が、ウチのブースには
f0345976_09433249.jpg

サコちゃん(写真左)もおりますのでいつでもお越しくださいませ。

フリーマーケットのみならず、各メーカーブースやイベント、美味しいフードも盛りだくさんのMt.Rokko Outdoor Sessionは4/23(日)AM10:00のOpen!
皆さんのご来場と楽しい出会いにワクワクしています☺︎

それでは当日、現地でお会いしましょう。
f0345976_10063969.jpg










[PR]
# by rhythmofmountain | 2017-04-18 09:55 | Comments(0)
f0345976_03574442.jpg

せっせとプライスを決めては値札シールに数字を書き込んでいる。
毎度のことだが元値やまだまだ使える度や思い入れやかっこいい度で値段をトントン決めていく。
ノートにザックリ書いておく。

今回もトレイルランニング、ライトウェイトハイキング、ライフスタイルにガンガン使える全40アイテムちょいを新年早々大きなカバンに詰め込んで、阪急芦屋川駅から徒歩45秒、スカイハイマウンテンワークスでフリーマーケットブース出させていただきます。

日時は新年明けまして1月3日の朝10時から夕方くらいまで。

で、今回はお仕事の関係で少々遅刻する予定で、3日のオープン10時から1時間半程の間は芦屋川のお友達、岸本さん(a.k.a @kippisan)にブースをお願いしている。到着後はフルタイムで現地にいるつもり。

いつもどおり当日での完パケが目標であるからして(笑)気の利いたディスカウントにはしっかりと寄り添っていくつもりにしているのでASKしてみてほしい。
また、毎回本当にありがたいことで、ブログアップ後に遠方から買取のご連絡を下さる方もおられますが、今回のコレもフリーマーケットなので当日現地での販売を優先させていただくということでスンマセン。

f0345976_15402045.jpg

f0345976_00390722.jpg

f0345976_00390835.jpg

自身は175cm、やせ型。ウェアのサイズはインターナショナルでSサイズ(ジャパンM)。今回はキャップやヘッドバンドなんかが多め。
トレイルランニングパックもSサイズで。

f0345976_00390947.jpg

で、今回もシューズがたくさんあって(笑)写真右側上から3段目のローンピーク2.5はUS7(25cm)、左側最下段のS-LAB WINGS(SG)がUS7.5(25.5cm)。その他は全てUS8(26cm)となる。モノによっては激MINT状態。道具の中でもシューズは実際に履いて山歩いて走ってみないとわかんないから、興味のあるモデルがあればこの機会に是非どうぞ。

フリーマーケットでの販売では道具をポンポン売るだけではなくて、それぞれの特徴、どんなトコで使ったか、また利点やその反対も自分の経験の範囲内ではあるがお伝えできると思う。
そもそもフリーマーケットの醍醐味は様々なお客さんと色々なお話ができるってところにあると思ってるのでガンガン話しかけてもらってオーケー。まあ、人見知りするから初めは固いかもしれないけれどご了承下さいませ(笑)
スカイハイフリーマーケットがきっかけで友達になって、今ではバディ組もう、なんて話になる人もいるんだからホントありがたいことだ。

あ、あと写真の道具たちは当日までに気まぐれで増えたり減ったりもするから、あくまでも参考ってことで。

ともあれ、新年早々楽しんでいきたいと思ってますので、当日は皆さんよろしくお願いします。

スカイハイフリーマーケットでお会いしましょう。
f0345976_23564046.jpg




[PR]
# by rhythmofmountain | 2016-12-30 18:35 | lifestyle | Comments(0)

Mt.Rokko Nightmare2 Seatosummit.

f0345976_11582299.jpg

11月26日の日暮れごろから27日の夜明けあと少しまで、六甲山系のド真ん中で開催されたナイトメア2シートゥサミットにスタッフとして参加させていただいた。

f0345976_12075503.jpg

コースの試走やエイドの準備など諸々のお手伝いをさせてもらって、イベントの組み立てをある程度間近で見られたのはとても良い経験になったと思う。

f0345976_18555825.jpg

f0345976_18555990.jpg

当日は朝から最終の買い出し(買い忘れありでゴメンなさい)を終えて、お昼を過ぎたらこの日の山を走る人たちが続々と集まり始めた。今回のスタートは芦屋浜。
天気予報は下り坂。スタートの時点ではまだまだ晴れ。

f0345976_18560073.jpg

f0345976_18560163.jpg

f0345976_18560169.jpg

f0345976_18560220.jpg

f0345976_18560357.jpg

f0345976_18560484.jpg

f0345976_18560972.jpg

スタートから3時間後くらいで天気予報どおり雨に。気温が下がりにくいにせよ、雨に降られる中で走り続けるには相当タフなコースだ。
芦屋から有馬に到着する面々。皆それぞれに六甲を集中して、楽しんで、苦しんで?悪夢見ながら下りてくる。山の上のほうにヘッデンの明かりが灯り、それが飛び跳ねながら近づいてくる度に嬉しい気持ちになった。
そして再び雨降る山の闇の中に突っ込んで行く姿のその全てにリスペクトを想いながら、僕自身も心地よく(笑)この日の悪夢に溶けていくような感覚になった。

芦屋でも胸打つシーンがいっぱいあったんだろうな。

仲間のエイドワークも自分が山を走る側だったら嬉しいだろうな、と思えるような暖かいものだった。

skyhighmountainwarksのnoriさんtakuさん、MRHCのみんな、そしてこの日の山を悪夢見ながら走ってくれたみんな、ありがとうございます。

感動しました。

またそれぞれの形で一緒に六甲を楽しみたいと思いました。

んで、来年のコースは?
また今度(笑)

Mt.Rokko Thanks!




[PR]
# by rhythmofmountain | 2016-12-04 11:52 | mountain | Comments(0)

STY2016. vol.3

f0345976_17171981.jpg

レース中止がアナウンスされてからしばらくして、雨が上がって富士山のシルエットが浮かび上がった。簡易テントの外に出て一枚だけ写真を撮った。
河口湖行きのバスが太郎坊に来始めて高齢の方、女性の方を優先的に乗せて行った。
自分は30代なので遅めのバスに乗って河口湖まで運んでもらった。

f0345976_17433036.jpg

レースはレースだ。
こんなに大規模なレースの主催者チームには精鋭が集結しているだろう。だから今回のことを評価して、良いところは継続し良くなかったところは修正をかけていくだろう。僕個人の考えなど遠く及ばない多くの課題を乗り越えて彼らは前に進んでいくだろう。
色んな想いが各々にあるだろう。しかし、今後このレースだけではなく他のレースも含めてレースに参加するかしないかは個人の自由だ。
山とどう関わっていくか、どんな風に山で遊ぶのかなんてのは個人の自由だ。
誰かや何かを批判するつもりは毛頭ない。例えば僕の場合、今回このレースに参加することを決めたのは他の誰でもない僕自身だ。それ以上でもそれ以下でもない。ただ、それだけのことだ。これから先のことも、僕なりに見極めて決めていけばいいだけだ。今はそんな気持ち。

f0345976_18010698.jpg

河口湖に着いて臨時の宿で風呂に浸かった後は、その場で知り合った人とローカルの居酒屋へ行き他のレーサーや近所の人、女将さん達とあーでもないこーでもないと話に明け暮れた。
おかわりのビールを入れながら「この時期は荒れるの、天気、残念だったねー。でもさ、河口湖のこと、富士山のこと、キライになんないでよね。でさ、また富士山来てさ、ウチにも呑みにきてよね。」って女将さんが言った。
キライになんてなってないよ。
どんな形なのかはわかんないけれど、
多分、また来ます。

f0345976_18010709.jpg

Mt.Fuji Thanks!

p.s
今回はのっけから荒れ狂ってたけども、山は入る時は穏やかでも、山の中にいる内に今回のような状況になることだってある。今までだってそんなことがあったけど、改めて実感して肝に銘じることができました。でも、今回の自身の心身のコンディション、装備の選定、だいぶイイ感じだったと思うんだけどなー(笑)17kしか進まなかったんだけど、アレで最後まで行ってみたかったな〜☺︎








[PR]
# by rhythmofmountain | 2016-10-02 17:13 | mountain | Comments(0)